お葬式の会葬御礼のしかた

現在のお葬式では会葬御礼や香典返しにも変化が

現在のお葬式では会葬御礼や香典返しにも変化が 私たちの人生の最後を飾るお葬式。昔ながらの伝統や格式が残る厳かな雰囲気の中で盛大に執り行うお葬式が存在する一方で、社会問題にもなっている高齢化社会の影響や家族の形の変化、地域とのつながりや家族間の距離感から、習慣や伝統にこだわらず、故人や遺族の意志、事情を考慮した家族葬や個人葬などのお葬式の種類も多様化してきました。

お葬式の種類は参列者の人数や範囲によって異なった名前で差別化されています。遺族や親族だけではなく、会社関係や友人、ご近所の人など幅広い人が参列する一般葬は昔から執り行われいる代表的なお葬式です。そして近年増加傾向にある、親族を始め故人と親しかった人だけが参列する家族葬もまた1つのお葬式の形と言えるでしょう。本来別日に設定されるはずのお通夜と告別式のお通夜部分を簡略化し、お葬式告別式のみ1日で行なう1日葬という形式のものもあるほどです。このように多くの日本人が思い描いているお葬式の基本部分は残しつつも、時代や文化の流動的な変化に寄り添った新しいスタイルのお葬式が増加傾向にあると言えます。

しかしこの変化の渦中であっても、私たちが大切にしてるお通夜やお葬式のマナー、それに付随する作法は今でも多く残っています。その中にはお葬式についての知識や弔問時の対応など、喪主や遺族側から向き合うべきマナーもあれば、お葬式参列時の服装や持ち物などの参列者側として知っておくべき作法などが無数に存在します。しかし、大切な人を亡くした直後は気が動転していることもあります。その不安定な状態の中で行わなければならないのが、お通夜や告別式です。人生の最後を飾る式典だからこそ、思い残すことがない納得したものとし、大切な故人を気持ちよく送り出してあげる必要があります。そしてこれら一連の儀式はそう何度も経験するわけではありません。その上このような特別な式典には会葬御礼や香典返しなど多くの決まり事も存在しています。知識も経験もない中で、参列者に対して失礼のないように、準備すべき物が全て滞りなく揃っているようにするのはとても困難なことです。

そこでお葬式のプロフェッショナル、葬儀社の出番となります。彼らはお葬式告別式を知り尽くしたまさにプロ集団です。しかし、全てを任せるのではなく、ある程度の知識を私たちが事前に知っておくこともまた大切なことと言えるでしょう。その中でも今回は会葬御礼と香典返しについて中心に説明します。

トピックス