お葬式で会葬御礼を渡すタイミングと付随品について

お葬式に参列した経験がある方は必ず、会葬御礼の受け渡しを経験していると思います。では実際にそのタイミングとはいつでしょうか。それは遺族や親族の方にお悔やみを述べ、焼香を行なった後、設置されているカウンターで会葬御礼を受け取るケースが一般的となっています。カウンターの設置や実際の受け渡しは葬儀社のスタッフが行います。そして、時間や手間をかけてお葬式に参列してくれた感謝の気持ちを伝えるものなので、香典の有無にかかわらず全員に手渡します。

会葬御礼と一緒に渡す付随の品物ですが、お清めの塩と会葬礼状が一般的です。宗教の違いによってまちまちですが、お清めの塩には通常、死の穢れを清めるという意味合いがあるとされています。そしてお葬式参列、香典や供養に対するお礼と、お葬式中の不行き届きがあったことへのお詫びの2つを述べたのが会葬礼状です。

会葬礼状の中には挨拶文の他に、故人の名前や喪主名などの決まった項目を印刷します。多くの方が葬儀社で用意可能な雛形に基づいて会葬礼状を作成しますが、中には自分の言葉で伝えたい、故人の特別な思いを文章の中に入れたいという方もいます。その場合は形式にとらわれず自分の文章で作成することも可能です。