お葬式の基礎知識!会葬御礼とは違い香典返しに設定されている上限とは

会葬御礼とは違い香典の金額によって品物が変化し、半返しが基本の香典返しですが、仮に高額の香典を頂いた時はどのようにするべきなのでしょうか。香典返しにもいわゆる上限というものが設定されており、3万円の香典に対して半分の1万5千円にあたるものが半返しを行なう上限とされています。したがって、5万円以上の高額な香典を頂いた時は、あくまで送る品物は上限の1万5千円程度のものとし、通常の半返しにこだわる必要はありません。

また、本来香典にはお互いにお葬式費用を出し合い助け合うという意味が含まれています。そのため、特に兄弟間や親族間では3万円以上の高額な香典のやりとりがよくかわされます。その際は半返しにこだわらず、気持ちを頂くという暗黙の了解のもと香典を受け取っても失礼にはあたりません。そして兄弟や親族など故人と比較的近い関係の場合、香典の金額についてもお葬式前に話し合いがなされ、統一されているケースも多く見られます。従って、香典返しについても同様に統一しておく方が良いというケースもあります。

このように香典返しにはお葬式当日に配る会葬御礼とは違い、半返し、上限の設定などいくつかのマナーがあることを知っておく必要があります。